Event is FINISHED

キマイラ BRDG#7

Description
※チケットご購入後のキャンセルは承りません。ご了承下さい。
*Please note that cancellation cannot be made after ticket purchase.


他の追随を許さない解像度と切り口でオーディオビジュアル表現の異種交配実験を繰り返してきたBRDG。#7となるショーケースのテーマは「キマイラ」。



ヘッドラインを飾るのは、イラン映画『ペルシャ猫を誰も知らない』(2009)への出演直後に故郷テヘランを抜け出し、西洋古典音楽の素養と最先端の電子音響への衝動を掛け金にロンドンに渡ったビートメイカーAsh Koosha、そしてスイスを拠点に英HoundstoothからのLPリリースを通じて、インダストリアル・テクノ/ベースミュージックビートに自身のルーツであるネパール - チベットの電子的マントラを織り上げる新世代のミスティック・ヒロインAïsha Devi。国内からは新EP「summer twilight」をリリースしたばかりのDE DE MOUSE、ジューク/フットワークを独自に昇華させ国内外からも注目を集める食品まつり a.k.a foodman、DiploやFAMM'IN、BRDG主催イベントではお馴染みのFEMMなどのリミックスやプロデュースを手掛けがけるRadical Hardcore CliqueがDjスタイルで参加。またVRやダンサーとのコラボやラップを取り入れるなど勢力的にスタイルを更新し続けるDUB-Russell、2nd『Art Nature』をリリースし、多数のRemix制作、イベント出演をするTomgggも女性サウンドプロデューサーのボンジュール鈴木をフューチャリングしたライブで参戦する。

VJ陣は、Aisha Deviの映像を担当するフランス人ビジュアルアーティストEmile Barret、BRDG#5にて強烈な映像でフロアをロックしたDaihei Shibata、圧巻のクオリティをもつリアルタイム生成映像でVRDG+Hのアイコニックな存在となったKeijiro Takahashi、プログラマーKezzardrixと比嘉了のユニットHEXPIXELSにDE DE MOUSEの変形顔VJで話題となった北千住デザインがゲスト参加、モーションデザイナーとして活動する大橋史とイラストレーターkazami suzukiのコラボセットなど、気鋭の映像作家がミュージシャンとの共演を繰り広げる。

カッティングエッジな電子音楽とオーディオビジュアル表現のラボラトリーの中でのたうち回るライオンの頭脳、山羊の胴体、そして毒蛇の尻尾に最先端医療レーザーのごとき精度で光線を浴びせて変異させるのはもちろんBRDG擁するビジュアル・アーティストたち。「音と映像の融合群体=キマイラ」が生まれる瞬間に立ち会うべし。

Tokyo-based audiovisual platform BRDG will present new showcase event titled “BRDG#7 キマイラ (/kaɪˈmɪərə/)” on September 18th, at WWW X, Shibuya.


Tehran-born / UK-based beatmaker Ash Koosha (Ninja Tune) and Nepalese-Tibetan-rooted electronic muse Aïsha Devi (Danse Noire/Houndtooth) are announced to headline the night with their extraunique audiovisual set. As known for its experimentations to maximize and diversify audiovisual expression, BRDG will deploy the best sound & visual systems with a help of brand new venue WWW X (ex-movie theatre Cinema Rise), and of course more lineups of BRDG related Tokyo’s finest artists TBA.


Come see the audiovisual amalgamation of the east-west, algorithmic-organic , man-machine, and witness the moment when キマイラ arise.


前回のBRDG#6 @ WWW ダイジェスト映像

キマイラ BRDG#7』
日時:9月18日 (日) Open:16:00
会場:WWW X ( http://www-shibuya.jp )
主催:BRDG ( http://brdg.tokyo )
チケット:前売り¥3,500(ドリンク代¥500別)

Date:September 18, 2016.
Door Opens at 16:00
Venue:WWW X ( http://www-shibuya.jp )
Hosted by:BRDG ( http://brdg.tokyo/ )
Ticket:Advanced 3,500 yen + one drink at the door.

Ash Koosha | Aïsha Devi
DE DE MOUSE
食品まつり a.k.a foodman
Radical Hardcore Clique
Tomggg ft. ボンジュール鈴木
DUB-Russell

VJ
Daihei Shibata
Keijiro Takahashi
Emile Barret
HEXPIXELS with 北千住デザイン
大橋史 with kazami suzuki

PA
AO


---------------------------------------------------------------

Ash Koosha


ロンドン在住イラン人プロデューサー、アッシュ・クーシャ。2009年第62回カンヌ国際映画祭において「ある視点部門特別賞」を受賞した映画『ペルシャ猫を誰も知らない』に主演するなど俳優としての顔も持ち、2015年にリリースされたアルバム『Guud』は海外メディアから絶賛され、現在最もアルカに近い男として注目を集めている。2016年4月にはより、最新アルバムとなる『I AKA I』をリリースする。

Ash Koosha is an Iranian-born, London-based electronic musician is barely to scratch the surface of what this remarkable man is all about. A synaesthete who sees colours as sound, a virtual reality pioneer, a software humanist, a politcal cause celebre, a former rock musician and student of classical music, there are as many facets to him as there is texture in his fractal, complex, remarkable music.


Aïsha Devi


Kate Wax名義でトレバー・ジャクソンのOutputやジェームス・ホールデンのBorder Communityからリリースを重ねたあと、Aïsha Deviという謎に満ちたセットでの活動開始とともに彼女自身の聖域としてレーベルDanse Noireを立ち上げる。2013年にはEP ‘Aura 4 Everyone’を、そして2014年夏には12インチ ‘Hakken Dub/Throat Dub’をリリース。Vaghe StelleやEl Mahdy Jr.などの領域横断的なアーティストもリリースを連ねている。Danse Noireでの活動は、内面への深い瞑想体験を現代的なマシーンを通じて変質させ、テクノ/クラブミュージックの抽象構造を探りだし、自身のルーツであるネパール - チベットの音楽的鉱脈を掘り下げることに捧げられている。ときに喉から絞り出すしゃがれ声のような、ときにソプラノのように優美なDeviのポップ・マントラ的サウンドは、われわれが見たことのない内臓の奥底のインダストリアルかつダンサブルに節くれだった音楽的風景へと導くだろう。自身の精神世界とルーツへの旅を結晶化したAïsha Devi名義での初のLP ’Of Matter And Spirit”は2015年10月にHoundstoothレーベルよりリリースされている。

Laying her Kate Wax moniker to rest after releases on Trevor Jackson’s Output and James Holden’s Border Community, the enigmatic Aïsha Devi set forth on a new adventure with Danse Noire, her own sanctuary-label in 2013 dropping her EP Aura 4 Everyone followed by the 12″ Hakken Dub/Throat Dub in Summer 2014 alongside EPs from boundary blurring artists Vaghe Stelle and El Mahdy Jr. Danse Noire is dedicated to exploring abstracted techno/club structures, and Devi’s own music mines her Nepalese-Tibetan heritage, using her machines to transmute deep meditation. Whether they are guttural or soprano, Devi’s warped pop mantras instruct us to find the unseen through a tense, visceral musical landscape that is often gnarled and industrial as it is danceable. Her debut LP ‘Of Matter And Spirit’, a “materialisation of her initiatic journey through her spiritual and origin quests”, will be out October 2015 via Houndstooth.



DE DE MOUSE

遠藤大介によるソロプロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。

織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングボイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは煌びやかで影のある誰にも真似出来ない極上のポップソング。沁み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。

ライブスタイルの振れ幅も広く、ツインドラムで構成されリズムの高揚感を体現するDE DE MOUSE + Drumrollsや、縦横無尽に飛び回るDJスタイル、即興とセッションで繰り広げるDE DE MOUSE + his drumner名義に、映像を喚起させるDE DE MOUSE + Soundandvisions名義など、多種多様のステージングを展開。 FUJI ROCK FESTIVALやTAICOCLUB、RISING SUN ROCK FESTIVAL、GREENROOM FESTIVALにSonarSound Tokyoなど多くのフェスティバルにも出演、イギリスやフランス、ドイツなど海外遠征も盛んに行っている。

近年では実験的な試みを体現する主催イベント"not"や即日完売が恒例となっているプラネタリウムを舞台にした演奏会や、盆踊りイベント等、音楽イベントを飛び越えた活動も始め、イベントの演出やその完成度が、各方面から多くの注目を受ける。また、ファッションやアニメ、ゲームなど他ジャンルからの支持も強く、作品、グッズ、イベントに至る全てのプロデュースを手がけると共にファッションブランド等とのコラボレーションワークも数多く行なっている。

2012年にnot recordsを始動。
2015年6月~7月にはレーベル3周年として「youth 99」「milkyway drive」の2枚のEPを発売。
そして12/2に、ジャケットイラストに『ファイナルファンタジーXII』や『タクティクスオウガ』のキャラク
ターデザインを手掛け、DE DE MOUSE 3rdアルバム「A journey to freedom」を手掛けた吉田明彦氏と再びタッグを組んだ3年ぶり5枚目のオリジナルフルアルバム「farewell holiday!」をリリース。
今作では本編収録楽曲のremix / リアレンジ音源等をパッケージ付属のDLカード上にて発表していくという新しい形のアルバムプロジェクトを敢行中。
そして、立て続けに2016年夏には夏祭りをテーマにしたEP「summer twlight」を発表。

http://www.dedemouse.com/
---------------------------------------------------------------


食品まつり a.k.a foodman

横浜在住 トラックメイカー/DJ/絵描き

https://soundcloud.com/shokuhin-maturi


---------------------------------------------------------------

DUB-Russell

東京を拠点に活動する首藤陽太郎とNOEL-KITによるユニット。

2010年12月、TokyoMaxUsersGroupでのライブセッションを機に、DUB-Russellとして本格的に活動を開始。

2011年にはオンラインレーベル”+MUS”から”Grasp Echoes”、翌2012年には”Prank Poles”をリリースし、自作の音楽ソフトウェア”HSU-001″および”HSU-002″を同梱した各タイトルは各方面の反響を呼び高い評価を受けた。

またRevirth Digital Split Single “Gramline a.k.a. O.N.O x DUB-Russell”としてGramlineとのスプリット・シングルのリリースやJeff Mills "Where Light Ends"のリミックスを手がけるなど活動の幅を確実に広げている。

ライブにおいても"SonarSound Tokyo"や"Rainbow Disco Club"、"EKEKTRA 16"など国内外の電子音楽系イベントに多数出演、即興的なプロセスで多層レイヤーを織り成し、次元をねじ曲げたような強烈なビートと、その奥に見え隠れする美しいサウンドスケープを併せ持つ斬新なサウンドで圧巻のパフォーマンスを魅せる。

http://dubrussell.com

---------------------------------------------------------------

Radical Hardcore Clique

Radical:革命的な、急進的な、過激な
Hardcore:筋金入りの、単純に音楽ジャンルとしてのハードコア
Clique:派閥、徒党 (語源はフランス語で「音を立てる」の意味)

総じて『革新的で過激なハードコアを奏でる不穏分子達』というような意味

DiploやBRDG主催イベントではお馴染みのFEMM、FAMM'INなどのリミックスやプロデュースを手掛ける『sfpr』の『Fz』と新進気鋭の『Invaderous』に、元FACTの『Eiji MatsuMo-Fo』を加えた"2 Djs+Drums"の変則スリーピース・バンド。

今回は、バンドではなく、Djスタイルで参加。

https://soundcloud.com/user-439241310

---------------------------------------------------------------


Tomggg

1988年、千葉県生まれ。国立音楽大学 大学院 修士課程 作曲専攻を2013年3月に修了。

卒業後は方向転換し劇的な展開・キラキラした音を駆使し、ものすごく楽しくなる楽曲を公募型コンピレーション”FOGPAK”や自身のsoundcloudなどインターネットを中心に発表し、Maltine Records よりEP『Popteen』を発表。2014年にはカナダのトラックメイカーRyan Hemsworthとの楽曲制作、Yun*chiのプロデュースや、禁断の多数決、negicco、Porter Robinson へのRemix制作を行う。2015年にデビューEP『Butter Sugar Cream』、2016年5月には2nd『Art Nature』をリリースした。

http://info.tatsuyafujishiro.com

---------------------------------------------------------------


ボンジュール鈴木

東京出身の女性ビートメイカー/サウンドプロデューサー。

3歳からクラシックピアノを始め、ジャズ歌手の母と仏の親族という環境の下、作曲活動を開始。ヴォーカルから作詞作編曲、演奏、マスタリングまでを一人で行なうマルチな才能の持ち主で、南仏に留学の時に出会った欧州のエレクトロニカ/ヒップホップや、クラシック、教会音楽の影響を強く受けたサウンドを構築。独特の甘ったるいロリータ・ウィスパー・ボイスが絡み合う楽曲は現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

幾原邦彦監督のアニメ『ユリ熊嵐』のオープニング曲「あの森で待ってる」で一躍注目を浴び、2015年4月に1stアルバム『さよなら。また来世で』同年11月に2nd EP『Lollipop シンドローム』をリリース。ももいろクローバーZとの代々木体育館の共演や、jinmenusagi、ESNO、Tomgggなどをはじめとする話題のアーティストとも作品を共作。2016年にはアニメ「石膏ボーイズ」「くまみこ」、TeddyLoidの楽曲にfeat参加した「宇宙パトロールルル子」でトリプルタイアップを獲得するなど、その勢いはとどまるところを知らない。

http://bonjoursuzuki.com
---------------------------------------------------------------
Keijiro Takahashi

高橋 啓治郎 | Keijiro Takahashi

http://radiumsoftware.tumblr.com/
---------------------------------------------------------------
Takashi Ohashi

大橋史 | Takashi Ohashi

http://takashiohashi.com/
---------------------------------------------------------------
Daihei Shibata

柴田大平 | Daihei Shibata

http://daiheishibata.jp/
---------------------------------------------------------------

Emile Barret
http://www.emilebarret.com/
---------------------------------------------------------------

BRDG


東京を中心に活動するオーディオビジュアル表現のためのプラットフォーム。イベントやMVプロデュースで培った映像作家、音楽家、プログラマー、デザイナー、のネットワークを有機的に活用し、エッジとポップが共存する東京のオーディオビジュアル表現の場を拡張してきた。チャネル、BRDGに留まらず、2016年にはHIP LAND MUSICと共にDMM VR THEATERにてVRDG+Hを始動させる。

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-11 09:50:40
More updates
Sun Sep 18, 2016
4:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
WWW X
Tickets
前売り ¥3,500

On sale until Sep 18, 2016, 10:00:00 AM

Venue Address
東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F Japan
Directions
http://www-shibuya.jp/access/
Organizer
BRDG
231 Followers